スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能ある奴が多すぎてむかつくけど、何かやる気が出てきた今日このごろ

歌の上手い奴って世界中に死ぬほどおるんやな。

あーむかつく。

けどなんかやる気出てきたし、明日から頑張ろー。

一歩ずつ、とりあえず一歩ずつ。
スポンサーサイト

音楽

こんばんわ!さとしです!
毎日暑いですね!
うち若干クーラー壊れ気味で、あまり部屋が涼しくならないです。。
まあ冬も暖房効かなかったけど何とかなったし、夏も何とか乗り切れると信じてます。

てゆかこの前ね、
結構真剣に歌の練習してたら、
次の日なぜか全身筋肉痛になりまして(・・;)
びびったね、老いを感じたね。
下半身までしっかり筋肉痛やったからね。

やぱ歌うとそれなりに体疲れるんやなと実感しました、
音楽ってスポーツとニアリーやんね。

てゆか、ふと思いましたが、
スポーツの定義って何ぞや。
音楽の定義って何ぞや。

大辞泉で調べてみますと、

スポーツ
→楽しみを求めたり、勝敗を競ったりする目的で行われる身体運動の総称。

なるほど。

音楽
→音による芸術。

芸術??

芸術
→特定の材、様式によって美を追求・表現しようとする人間の活動。

まとめると、
音楽
→音を用いて美を追求・表現しようとする人間の活動。


自分の知っているアカペラは、
歌ってて楽しい!かつもっとうまく歌いたい!を念頭に置いてのものでした。
よってスポーツの定義に当てはまると思います。身体運動も存分にしていたし。

また、聴いてる人を飽きさせないような演奏をしたい!
もよく考えてた。
これは聴き手目線での美の追求かな、ある意味。
歌を用いての美の追求。
てことで、音楽にも属する活動かなと。

てことで、自分たちのアカペラはスポーツであり、音楽でもある、てことやね。
若干こじつけやけど。


ひとつ思うのは、カラオケが音楽的であることはめったにないてこと。
カラオケて基本自己満でしょ。美の追求ではない。美なんて追求してたら場が盛り下がっちゃうし。
僕あんまりみんなで行くカラオケって好きじゃないんですけど、
それは「音楽」じゃないから好きじゃないのかもしれない。

自分が好きなのは「音楽」であって、そこに含まれる芸術的要素に惹かれるのだと思います。
音を用いた、とりわけ歌を用いた美の追求。
けして歌を歌う行為そのものではない。
聴き手と演じ手がいて成り立つ聴的/時間的/空間的芸術。

それが「音楽」だと僕は思います。

変遷

こんばんわ!さとしです!
毎日暑いですね!仕事しんどいですね!

上の人とか毎日11時12時とかまで残ってるけど、
何をモチベーションにそこまで頑張れるんか正直わからん。

人には内的動機と外的同期(←呼び方合ってるかわからん。。ニュアンスこんな感じ)があって、
要は、自分でせなあかんって思ってやる場合と、人からやれって言われてやる場合があって、
外的動機はモチベーションの維持が難しいため、上司とか指導者は、部下とかの内的動機をいかに喚起できるかが大事、
ってなんかのテレビ番組で言ってた気がする。

今思えば学生時代のアカペラは内的動機に満ち溢れてましたね。
やから4年続けられたんやろね。
仕事に対してもそういう風に感じられるときが来るのかしら。



最近仕事帰りにCDを爆音で流しながらドライブするのがストレス発散になってます。
こんな曲とか
http://www.youtube.com/watch?v=KrYmyFhLiKU

こんな曲とか
http://www.youtube.com/watch?v=4jmp8PEz7P8

JEと112は昔からほんとに大好き。
BOYZ2MENあたりとUSHERあたりの世代のちょうど間の世代かと思いますが
90sのフレーバーも残しつつ、00s初期のクランキーなR&Bにもアプローチしてきます。
それ以降のR&Bは個人的に好きではなくて(NE-YOとか、クリスブラウンとか)
最近でもこの世代の音源をよく聴きます。

R&Bは時代によって変遷してきていて、
単にR&Bといっても70年代と00年代では中身が違ってくるんですよね。

R&Bの発祥は黒人の讃美歌、ゴスペルからだと思います。
そこにリズムをつけてだれかが歌いだした。
当時は神聖な音楽をそんな大衆的なところまで貶めるとは何事だ!そんな音楽やめろ!
って感じだったらしいんですけど、まあそういうスタイルが爆発的に広がって
シュープリームスとかテンプテーションズとか出てきて、(DREAM GIRLSの世界)
そのあとマーヴィンゲイとかレイチャールズとかスティーヴィーとか出てきた。
70年代はマイケルジャクソン(ジャクソン5)とかアレサフランクリンとか、
80年代に入ってはKOOL&THE GANGなどなど、
90年代からはJOE、R.KELLY、MARY J BLIGE、FAITH EVANS、マライア、SADEなど
おなじみの面々が出てきます。


本当に昔はロックンロールとリズムアンドブルースの違いって無かったみたいですね。
とりあえずバンド形式で黒人が音楽をやる、っていうのがR&Bだったみたい。
そのリズムアンドブルースが
70年代にはSOULと呼ばれるようになって
80年代にはブラックコンテンポラリー(ブラコン)と呼ばれるようになって、
90年代にはまたR&Bと呼ばれるようになって
今に至る。
トラックもバンド形式から、打ち込みの深いビートに変わり、最近では4つ打ちとかハネ系とかが主流になってきてる。

要は年代によってブラックミュージックって大きく変化してきていて、
どの年代の曲なのかによって中身がガラッと変わるのです。
だから一口にR&Bとかブラックて言葉でまとめるのではなくて
時代感を大切にしてほしいと思う。
(ちなみにラビットは90年後半から00年初頭の音楽を中心に歌ってたので、コンテンポラリーな(現代的な)R&Bをやってます、という紹介の仕方をわざとしてました。)


バックボーンを知ることで物の見え方、とらえ方が大きく変わることって、よくあると思います。

今J-POPのシーンでもR&BとかHIP HOPとか流行ってると思うけど、
こういうことを予備知識として持ったうえでそういう音楽に触れるとまた違って聞こえると思うし、
そこから派生して、USのシーンはどうなんやろ、とか
違う年代の曲も聴きたいなとか思う人もいるかもしれない。内的動機の喚起!笑


そうやってR&B好きな人が増えるとうれしいなーと思う今日この頃でした。

再始動

お久しぶりです。
ラビットが解散してはや1年4か月。
このブログも同じく約1年4カ月ストップしておりました。

そんな中!
このたび山下友真那主催One Voices OB LiveにてRapid Rabbitが復活することになりました!

社会人になってこんな機会があると思ってなかったので、素直にうれしいですね!ゆまなありがとう!


しかし個人的に、最近音楽からかなり離れた生活をしておりまして、
今僕のiPodには

東方神起
スキマスイッチ
AKB48
などがひしめいてます。
学生時代はそんなん聴いてるやつが何よりも嫌いやったのに!
(ファンのひとはすいません。。こういう音楽にいいところがあるのも認めます)


でもこのたびまた謡わせてもらえることになりまして、
歌、音楽へのモチベーションが日々高まっております。
いろいろレコードショップ行ったりとかiTunesあさったりとか過去聴いてたCDとか探して聴いたりしてます。



よく考えると、僕にはラビットでアカペラやってた時の心残りが一つ、
いや厳密には2つあるんです。
バンドとしての目標(○○のステージに立ちたかった、とか)は置いといて、もっと個人的な。



一つは、オケor楽器の上で歌いたかったこと。
2人とか3人で。
舞台上にはボーカルオンリーみたいな。
そうゆう中で自由にうたってみたかった。

まあこれは頑張れば今からでもできそうなんでいいです。


んで大事なのはもう一つの方なんですけど、
それは自分の大好きなR&Bという音楽についてみんなにもっと話をしたかったということ。
たぶん日本人で、自分も含めてR&Bの定義、バックボーンについてよく知ってる人はほとんどいないと思います。
そういう音楽にラビットはトライしていて、かつアカペラとして成立させるためにあえてR&Bでない曲も(僕の中ではとても不本意ながら)歌ってきた。
そもそもR&Bて何なの?黒人が歌えば何でもR&B?80年代でも00年代でも同じR&B?みたいなことを一度どこかで話したかった。
かなり僕の主観にゆがめられた話になるとは思うけど。


すいません、前置きが長くなりましたが、
何を言いたいのかというと、
ラビットが復活するということでちょうどいい機会なので
このブログを借りて、
僕の極めて個人的な音楽の話をしていきたいなーと思ってます。
それは上に書いたようにR&Bの話やったり、アカペラについてやったり、最近はまってるアーティストやったりのことになると思います。


とりあえずライブまでを目標に!
すこしづつ更新していければ。

このブログ観てる人がおるとは思わへんけど、とりあえずライブまで書き続けて、
ライブの舞台上で、じつはこんなブログ書いてんねん、って発表しよかな!
そしたら観てる人にとってもバンドメンバーにとっても、ラビットのステージがより味わい深いものになるかもしれんね!事後的にやけど。

まあとにかくそんな感じです。

今日は眠いのでまた今度いろいろ書きます。

ではでは!

A mouse groupie(A starⅡ)

-Ma vie-
プロフィール

★☆Rapid Rabbit☆★

Author:★☆Rapid Rabbit☆★
*Rapid Rabbit

*くぅ
*あいこ
*さとし
*よう
*オヤヂ
*ちゃんやま


紹介文只今編集途中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。