スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報求ム!!

Hi×Sweetのブログにも書いたけど、

最近僕が思うのは

『歌の上手い人ってどんな人?』

『いいライブってどんなライブ?』

ってことです。


ここにきて自分の理想と他人の評価とが乖離することが多々あって

自分(達)の歌について行き詰まりを感じてます


上の問いに対して

何か「これっ!」ていうものを持っている人はぜひ語り合いましょう。

まじお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見てる人が楽しめる歌が歌える人!ごめんめっちゃベタ(-o-;)でも、何を考えながらライブ中歌うのかが重要なんかなぁと思う。
楽しい、てそれはMCのネタがおもろい、とかだけの表面的な楽しいじゃなくて…歌ってる側が、グループ全員で『今歌ってる』て楽しい時間を共有してることが全面に出てるライヴができる人かなあ?それが歌の上手いに直結はせんけど、ある程度形ができてるグループがそこから延びるか延びひんかてゆうのは、ポイントはそこちゃうかなて思う
理想ゆいすぎかなあ?

それには歌唱力は絶対伴わなあかんけど、歌がうまくても、自分らが歌っててつまらんかったらライブやる意味ないんかなぁとか思う
どんなに上手できれいな形でライブしてても、見てて『あの人歌うまかった』しか感想浮かんでこなくて、別になんも伝わってこーへんとこや、そんな歌もあるし

自分らがライブし終わったあと『ちょっと失敗はしたけど、全体的には今日まあまあ良かったんちゃうん』てみんなで思えるときて、お客さんたちも『良かったやん!!』て言ってくれてる気するから、やっぱ自分らの自然体の楽しさやったり、このステージで歌えて本当に嬉しいて感謝の気持ちやったり、達成感やったりが歌に乗せて伝えられる人が上手な人なんちゃうかなあ?
ライブには練習風景が出るてわたしは思うし、そのライブのためにどんな意気込みとか思いを全員で作ってきたか、は大事かなて思う
見てる人も歌う人も、何か同じような気持ちをライブの中で持つことができる歌ができたら最高やなあて思う
それは『私も歌頑張ろう』でもいいし『うわ!楽しそう!ジェラシー!!』でもいいし

あと技術的な部分でゆったら、高音でも低音でもその歌の感情が出せる人は上手いと思う。それはリードもコーラスも!自分の得意な音域はいろいろ工夫ができるけど、苦手な音域て音を外さずに出すことにいっぱいいっぱいになって、案外そういうことに気が回ってなかったりすると思うから
やっぱり上手くその歌の感情を出すには『歌い方』てゆう引き出しを自分の中に技術としていっぱいもっとかなあかんのかもね…まずボイトレ?笑
その歌の持つ輪郭が見えるように歌える人!そういう歌い手の安定感て、見てる人を安心させてくれる。やっぱそこに行くには音取りは不可欠やね…難し!
まあでもステージでは恐縮せずに自由に歌える人が一番素敵かな!そういう歌い手の余裕感で大事!
とか自分の理想を書きました。

っていうかまたしゃしゃってほんまごめん・・・なんか長文やし。

割と同じこと思ったりするからコメントしてみます!
うち夏休みにフランのブログにも「上手くなりたい」って書いてたわー(笑)


最近思うのは
ある程度一定のレベルがあれば
「上手い」とか「下手」とかっていう評価じゃなくって
観る人側の好みに左右されてる部分があるなってことで。


例えばパーカスなんかは結構個人の好き嫌いが分かれることが多いパートな気がして。
「上手いけどこの人のパーカス好きじゃない」とか
あったりすると思うんよね。
音質とかリズムの作り方とか含め。



自分の中では
今まで出演したライブの中で一番よかったなって思うのが純スピのラストライブで。
あの3Dの空間の中で、会場の一体感とかそういうものが半端なかったなって思うんよ。
まあラストライブだったからそれにかける意気込みが大きかったって言うのもあるんやろうけど。
あのラストライブができたからこそ
今純スピがないことに後悔はないなって思う。


観る側としては自分が好きなバンドのラストライブとかはいいライブだったなって思えるものが多いけど、それもやっぱり自分の好きなバンドだからこそだと思うし。
中にはそのバンドを初めて観る人もいる訳で
そういう人に「いいライブ」って感じてもらうには
どうすればいいかってことやけど…


例えばうちは「えりかのリード好き」って言われたりしても、初めの頃は誰がどうとか分かんないから「上手い」で区分したりするけど、今となっては「上手い」とか言われないし。
でもそれって「上手い」ってこと前提なんかなって
思う訳ですよ。
だって上手くなかったらリードとして歌うこともないから好きになってもらうことも難しい訳やん。
ってなったらやっぱり最終的には観る人の好みなんかなって思ったりもして。
だからただ抽象的に「上手くなりたい」って思ってたりするのは、自身の喪失だけに繋がりかねん部分もあったりするんじゃないかなって。
問題は「どう上手くなりたいか」ってことだなって。
だから「上手い」って言われなくって凹んだり焦ったりしてた自分はあほ・・・じゃないけど、何か間違ってた?って訳でもないけど
狭かったなって思ったりする。
…から「好き」って言ってくれる人がいる限りは
自信持っててもいいんだなって思えるようになったのが、ようやくサークルライブ終わったくらい(笑)




くぅちゃんも言ってるけど「あの人上手かったな」ってなっても「好き」とか「もう1回聞きたい」とか思わずに終わる人も世の中には五万といる訳で。

いいライブにするには歌ってる側が楽しんでることが前提にあると思うし
でも自分では「これ!」っていう歌い方があっても周りの反応がイマイチやったりとかっていっぱいあるし…。
そういうのは数をこなしていくうちに、さとちゃんが言う乖離?みたいなんは埋められていくんかなって思ったりするけどどうなんでしょう?笑
少なくともうちの中ではそういう曲あるよ。笑


うちはラピ好きやし
さとちゃんもくぅちゃんも本当上手いなって思ってます。


何か何書いたらいいかまとまらんくって
長文になってごめんなさい(;´Д`)
でしゃばってごめんやで(´;ω;`)

コーラスしかしたことないから、リードとしての歌のうまさに関してはなにもわからないけど、
上手いなあって思う人ってやっぱりすごく楽しそうに歌うというか、歌うことがすきなんだろうなってこっちまで伝わってくる人が多い気がする。個人的好みの話なんだろうけどw
それにある程度の自信というか、自分なりにこれでいいんだ!っていう信念はあって、でも人の好みもきちんと柔軟に受け入れられると、楽しいライヴが出来るんじゃないかなと…。聴いて、「うわあ、自分も歌いたい!!!!」って思えたライヴはいいなあって最近よく思います(*・∀・)ノ

今自分たちに何が求められてるのかなって考えて歌うことのできる人すごいなと思う!

メンバーからの信頼っていうのもライヴには出るんじゃないかな?普段からの関係というか。ここが一番難しい部分でもあると思うけど、本当にお互いがお互いを認めてて、必要だって思ってるバンドは練習でもライヴでもやっぱり自分の居場所を感じられるし、そこからお客さんに何か伝えたいっていう気持ちを持てることが自分としては多いです☆


なんか意味不明なコメントごめん(´;∀;`)

A mouse groupie(A starⅡ)

-Ma vie-
プロフィール

★☆Rapid Rabbit☆★

Author:★☆Rapid Rabbit☆★
*Rapid Rabbit

*くぅ
*あいこ
*さとし
*よう
*オヤヂ
*ちゃんやま


紹介文只今編集途中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。