スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつやすみ

こんばんわ。さとしです!
密かに更新していこうと思ってたこのブログですが、くぅちゃんも書いてくれるみたいなので
二人でいろいろ更新していきたいと思います!

最近は僕も皆と同じく、夏休みでした。
くぅちゃんのようにアクティブに動き回った訳ではないけど
いろんな人とあえて嬉しかった。
中には4年ぶりに会う友達もいて、変わってるやつも変わってないやつもいて、
そいつらと喋ってたら自分の変わったとこ変わってないとこも分かって
とても有意義な時間を過ごせたと思います。


そして、昨日今日は仙台に行ってきました。
今帰ってきたんですが、いろいろ思うことがあって、
備忘録としてこの日記に残させてください。

昨日はゆうたと会ってお互いの仕事の話やらワンボの話やらして
今日は宮城県内をいろいろ回って帰ってきたんですが、
途中、石巻っていう宮城県内でもかなり震災の被害が大きかったとこを通りました。
もともとミーハー心で震災の被害を見たい、と思ってたんですが

生で観る震災・津波の被害って我々安全な場所にいた人間が直視できるもんじゃなかった。
道は泥に埋まってるし、信号とかたおれてるし、流された車とかが山積みにされてたり、家が半分になってたりとか、
ありきたりやけどこの世の終わりみたいな風景でした。

そんな中、復興に向けて清掃とかの作業をしている方や、交差点で車を誘導している方がいて、
そういう方たちは今この現状の中にいてるんやと思うと、
ほんとは被災地の状況を写真に撮りたいなって思ってたけど、
そういうことはほんま失礼やな、まずミーハー心で被災地見に来たことが不謹慎やなと思って、
車を降りることができませんでした。


非被災者が悪い、自覚がない、というわけではないと思います。
関西とかからもボランティアに参加している人がたくさんいると聞きます。
ただ、被災者の方は津波で自分の家がまっぷたつになってて、非被災者はそれをテレビでみている、
そういう決定的な違いがあって、非被災者にはその区切りは絶対飛び越え得ないと実感しました。

ただ偽善でもそこをなんとかしたい、困ってる人を助けたいと思うことは大事なんだろうなともうっすらと思った。
だから自分はどうしたい、とかは今は考えてませんが、
何をするかはおいおい考えていきたいと思います。



こんな感じで、今更の話題ですがひとまず思ったことを書きました。
思ったままを書いたので乱文すいません。
ひとまず記憶が風化する前に何かに残しておきたかったです。


今日はこんな感じで。



あ、そいえば、
ゆうたとまたアカペラやろうっていう話になりました。
詳細全く未定やけど近々動き出そうと思ってます。
進展あればまたこのブログに書こうかな。

では!

自分の声を聞くと眠くなる話

さとしです。こんにちわ。
世間は夏休みで、平日休みの僕からすれば、街中に人が溢れて平日休みの恩恵に授かれないなんとも歯がゆい毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


ライブ出るって決まってから、毎週カラオケとかで歌の練習するようにしてて
自分の声を録音して聴きながらあれこれ考えたりしてます。
ここはこう歌おうとかこのフレーズはこの声の出し方じゃだめだとか。

そこで気づいたんですが、なぜか自分の声を聴いてるととても眠くなるのです。
自分の声質が人を眠くさせる声質なのか、自分の声を聞くと人は誰しも眠くなるのか、その両方なのか、
自分の声で無くても歌声を聞くと人は眠くなるのか、音楽自体に誘眠効果があるのか。
全く歌下手なのに眠くなるし、むしろ下手な曲の方が眠くなる不思議。
なんちゃら波、みたいなものが出てるのかしら。出てるんでしょうねきっと。
いろいろ考えすぎて夜も眠れませんが、とにかく自分の声を聴いてると眠くなる。
てことで、最近は寝るときに自分の歌声を聴きながら寝るようにしてます。
寝つきがいいし、自分の歌への反省もできて、一石二鳥。
是非お試しあれ。そしてどなたか結果を僕まで報告してください。

才能ある奴が多すぎてむかつくけど、何かやる気が出てきた今日このごろ

歌の上手い奴って世界中に死ぬほどおるんやな。

あーむかつく。

けどなんかやる気出てきたし、明日から頑張ろー。

一歩ずつ、とりあえず一歩ずつ。

音楽

こんばんわ!さとしです!
毎日暑いですね!
うち若干クーラー壊れ気味で、あまり部屋が涼しくならないです。。
まあ冬も暖房効かなかったけど何とかなったし、夏も何とか乗り切れると信じてます。

てゆかこの前ね、
結構真剣に歌の練習してたら、
次の日なぜか全身筋肉痛になりまして(・・;)
びびったね、老いを感じたね。
下半身までしっかり筋肉痛やったからね。

やぱ歌うとそれなりに体疲れるんやなと実感しました、
音楽ってスポーツとニアリーやんね。

てゆか、ふと思いましたが、
スポーツの定義って何ぞや。
音楽の定義って何ぞや。

大辞泉で調べてみますと、

スポーツ
→楽しみを求めたり、勝敗を競ったりする目的で行われる身体運動の総称。

なるほど。

音楽
→音による芸術。

芸術??

芸術
→特定の材、様式によって美を追求・表現しようとする人間の活動。

まとめると、
音楽
→音を用いて美を追求・表現しようとする人間の活動。


自分の知っているアカペラは、
歌ってて楽しい!かつもっとうまく歌いたい!を念頭に置いてのものでした。
よってスポーツの定義に当てはまると思います。身体運動も存分にしていたし。

また、聴いてる人を飽きさせないような演奏をしたい!
もよく考えてた。
これは聴き手目線での美の追求かな、ある意味。
歌を用いての美の追求。
てことで、音楽にも属する活動かなと。

てことで、自分たちのアカペラはスポーツであり、音楽でもある、てことやね。
若干こじつけやけど。


ひとつ思うのは、カラオケが音楽的であることはめったにないてこと。
カラオケて基本自己満でしょ。美の追求ではない。美なんて追求してたら場が盛り下がっちゃうし。
僕あんまりみんなで行くカラオケって好きじゃないんですけど、
それは「音楽」じゃないから好きじゃないのかもしれない。

自分が好きなのは「音楽」であって、そこに含まれる芸術的要素に惹かれるのだと思います。
音を用いた、とりわけ歌を用いた美の追求。
けして歌を歌う行為そのものではない。
聴き手と演じ手がいて成り立つ聴的/時間的/空間的芸術。

それが「音楽」だと僕は思います。

変遷

こんばんわ!さとしです!
毎日暑いですね!仕事しんどいですね!

上の人とか毎日11時12時とかまで残ってるけど、
何をモチベーションにそこまで頑張れるんか正直わからん。

人には内的動機と外的同期(←呼び方合ってるかわからん。。ニュアンスこんな感じ)があって、
要は、自分でせなあかんって思ってやる場合と、人からやれって言われてやる場合があって、
外的動機はモチベーションの維持が難しいため、上司とか指導者は、部下とかの内的動機をいかに喚起できるかが大事、
ってなんかのテレビ番組で言ってた気がする。

今思えば学生時代のアカペラは内的動機に満ち溢れてましたね。
やから4年続けられたんやろね。
仕事に対してもそういう風に感じられるときが来るのかしら。



最近仕事帰りにCDを爆音で流しながらドライブするのがストレス発散になってます。
こんな曲とか
http://www.youtube.com/watch?v=KrYmyFhLiKU

こんな曲とか
http://www.youtube.com/watch?v=4jmp8PEz7P8

JEと112は昔からほんとに大好き。
BOYZ2MENあたりとUSHERあたりの世代のちょうど間の世代かと思いますが
90sのフレーバーも残しつつ、00s初期のクランキーなR&Bにもアプローチしてきます。
それ以降のR&Bは個人的に好きではなくて(NE-YOとか、クリスブラウンとか)
最近でもこの世代の音源をよく聴きます。

R&Bは時代によって変遷してきていて、
単にR&Bといっても70年代と00年代では中身が違ってくるんですよね。

R&Bの発祥は黒人の讃美歌、ゴスペルからだと思います。
そこにリズムをつけてだれかが歌いだした。
当時は神聖な音楽をそんな大衆的なところまで貶めるとは何事だ!そんな音楽やめろ!
って感じだったらしいんですけど、まあそういうスタイルが爆発的に広がって
シュープリームスとかテンプテーションズとか出てきて、(DREAM GIRLSの世界)
そのあとマーヴィンゲイとかレイチャールズとかスティーヴィーとか出てきた。
70年代はマイケルジャクソン(ジャクソン5)とかアレサフランクリンとか、
80年代に入ってはKOOL&THE GANGなどなど、
90年代からはJOE、R.KELLY、MARY J BLIGE、FAITH EVANS、マライア、SADEなど
おなじみの面々が出てきます。


本当に昔はロックンロールとリズムアンドブルースの違いって無かったみたいですね。
とりあえずバンド形式で黒人が音楽をやる、っていうのがR&Bだったみたい。
そのリズムアンドブルースが
70年代にはSOULと呼ばれるようになって
80年代にはブラックコンテンポラリー(ブラコン)と呼ばれるようになって、
90年代にはまたR&Bと呼ばれるようになって
今に至る。
トラックもバンド形式から、打ち込みの深いビートに変わり、最近では4つ打ちとかハネ系とかが主流になってきてる。

要は年代によってブラックミュージックって大きく変化してきていて、
どの年代の曲なのかによって中身がガラッと変わるのです。
だから一口にR&Bとかブラックて言葉でまとめるのではなくて
時代感を大切にしてほしいと思う。
(ちなみにラビットは90年後半から00年初頭の音楽を中心に歌ってたので、コンテンポラリーな(現代的な)R&Bをやってます、という紹介の仕方をわざとしてました。)


バックボーンを知ることで物の見え方、とらえ方が大きく変わることって、よくあると思います。

今J-POPのシーンでもR&BとかHIP HOPとか流行ってると思うけど、
こういうことを予備知識として持ったうえでそういう音楽に触れるとまた違って聞こえると思うし、
そこから派生して、USのシーンはどうなんやろ、とか
違う年代の曲も聴きたいなとか思う人もいるかもしれない。内的動機の喚起!笑


そうやってR&B好きな人が増えるとうれしいなーと思う今日この頃でした。

再始動

お久しぶりです。
ラビットが解散してはや1年4か月。
このブログも同じく約1年4カ月ストップしておりました。

そんな中!
このたび山下友真那主催One Voices OB LiveにてRapid Rabbitが復活することになりました!

社会人になってこんな機会があると思ってなかったので、素直にうれしいですね!ゆまなありがとう!


しかし個人的に、最近音楽からかなり離れた生活をしておりまして、
今僕のiPodには

東方神起
スキマスイッチ
AKB48
などがひしめいてます。
学生時代はそんなん聴いてるやつが何よりも嫌いやったのに!
(ファンのひとはすいません。。こういう音楽にいいところがあるのも認めます)


でもこのたびまた謡わせてもらえることになりまして、
歌、音楽へのモチベーションが日々高まっております。
いろいろレコードショップ行ったりとかiTunesあさったりとか過去聴いてたCDとか探して聴いたりしてます。



よく考えると、僕にはラビットでアカペラやってた時の心残りが一つ、
いや厳密には2つあるんです。
バンドとしての目標(○○のステージに立ちたかった、とか)は置いといて、もっと個人的な。



一つは、オケor楽器の上で歌いたかったこと。
2人とか3人で。
舞台上にはボーカルオンリーみたいな。
そうゆう中で自由にうたってみたかった。

まあこれは頑張れば今からでもできそうなんでいいです。


んで大事なのはもう一つの方なんですけど、
それは自分の大好きなR&Bという音楽についてみんなにもっと話をしたかったということ。
たぶん日本人で、自分も含めてR&Bの定義、バックボーンについてよく知ってる人はほとんどいないと思います。
そういう音楽にラビットはトライしていて、かつアカペラとして成立させるためにあえてR&Bでない曲も(僕の中ではとても不本意ながら)歌ってきた。
そもそもR&Bて何なの?黒人が歌えば何でもR&B?80年代でも00年代でも同じR&B?みたいなことを一度どこかで話したかった。
かなり僕の主観にゆがめられた話になるとは思うけど。


すいません、前置きが長くなりましたが、
何を言いたいのかというと、
ラビットが復活するということでちょうどいい機会なので
このブログを借りて、
僕の極めて個人的な音楽の話をしていきたいなーと思ってます。
それは上に書いたようにR&Bの話やったり、アカペラについてやったり、最近はまってるアーティストやったりのことになると思います。


とりあえずライブまでを目標に!
すこしづつ更新していければ。

このブログ観てる人がおるとは思わへんけど、とりあえずライブまで書き続けて、
ライブの舞台上で、じつはこんなブログ書いてんねん、って発表しよかな!
そしたら観てる人にとってもバンドメンバーにとっても、ラビットのステージがより味わい深いものになるかもしれんね!事後的にやけど。

まあとにかくそんな感じです。

今日は眠いのでまた今度いろいろ書きます。

ではでは!

Rhythm & Blues

今日は一日オフだったので、TSUTAYAでいっぱいアルバムを借りてきて聴いてました。
最近アウトプットばっかりでインプットが少なすぎたので。
借りたのは

三浦大知 
山崎まさよし
Alicia Keys
宏実
COLOR
Suger Soul
Jennifer Hudson
Zeebra

など。日本人R&Bを中心に。
最近ちゃんとチェックしてなかったのもあって、昔とはトラックとかめっちゃ変わったなーっていう印象。
USのシーンではクリスブラウンとか流行ってるし、その流れがJ-R&Bシーンにも来てるんやろなー。
今回借りたCDの中では
三浦大知 Who's The Man
が個人的には好きでした!
流行のど真ん中のR&Bをやってはるんやけど、
この人あんまり売れてないけどめっちゃすごいと思う!
歌はめっちゃ上手いってわけじゃないけどなんか惹き付けるものがあるし、
伸びしろがものすごくありそうな感じ!
あと、この人はダンスがものすごく上手で、
ほんまにOmarionとかUsherとかと踊っても引けを取らんのちゃうかなって
個人的には思います。
最近見たアーティストの中ではダントツに上手。歌と踊りの総合力なら日本一かもしれん。
しかもまだ20歳ぐらいらしい。
世の中にはすごい人がいるんですね。
めっちゃライブ見に行きたい!
もしこのブログ見てる人がいたら三浦大知、是非チェックを!



ルーツの話。
自分の音楽的ルーツは間違いなくR&Bやと思う。
中学生のときにケミストリーとかEXILEとかめっちゃ聴いてて
タイトなビートとか、スムースなメロディーとか
すごく良いなーこういう音楽めっちゃすきって思ってた記憶がある。
あとハモるってことに興味があって、前述の通りケミとかEXILEとかグループものをたくさん聴いてました。
そこから派生して、FOH、HI-D、LLとかのちょっとコアなJ-R&Bを聴き始めて、
同時にB2MとかK-ci&Jojoとかの洋楽ボーカルグループとか、Usher、R.Kellyとかも聴くようになって。
これが高1か高2ぐらいかなー。今思えば僕の音楽的アイデンティティーはこの頃に確立されたみたいです。
その後は、Blackstreetとか112とかJEとか90年代のボーカルグループをよく聴くようになって、今もそのままこうゆう音楽を良く聴いてます。
112とかは受験期にめっちゃ聴いた気がする!
でまあこうゆうボーカルグループ好きが高じてアカペラやりたいなーって思って、ワンボに入った。

てことを今日CD聴きながら思い出しました。
ワンボに入ってからは、アカペラ曲とか、Rockとか、Soulとか、Popsとか、
いろんなジャンルの曲を歌わせてもらったり聴いたりする機会があって、
いいなと思う音楽のジャンルがかなり増えたと思います。
ただやっぱり自分のルーツは、J-R&Bであり、90年代ボーカルグループであり、FOHであり、Usherであり、112であり、K-Ci&Jojoであり、ATSUSHIであり、HIROである訳で、
いろんなジャンルを経験したからこそ、
いまはそうゆう自分の本当に好きな音楽をやりたいなーっていう気持ちが大きくなってます。
一度でいいからボーカルグループ組んでみたい!
ラッパーとかと絡みたい!
男3人か4人でボーカルグループを組んで、クラブで歌って、
っていうのが僕の目標です。
近いうちになんとかして達成したいなー!



まあ僕の話はどうでもいいんですが、
もうすぐラビットのラストライブですね!
このバンドは洋楽のR&Bを歌っていて、
僕の好きな音楽に一番近いバンドでした。
ほんとはもっといろいろやりたい曲とかあったんやけどね。
アカペラはいろいろ難しくて、
メンバー間で聴いてる音楽も違うし、R&Bっていうジャンルに対するイメージもバラバラやから、
大変な部分も多々あったけれども
まあそれも今となっては良い思い出です。
ラストライブは今までの集大成を見せられればいいね!
とりあえず練習せなな!
みんな頑張ろな!


てことで、久々の更新でした。
長文すいません。
では!

A mouse groupie(A starⅡ)

-Ma vie-
プロフィール

★☆Rapid Rabbit☆★

Author:★☆Rapid Rabbit☆★
*Rapid Rabbit

*くぅ
*あいこ
*さとし
*よう
*オヤヂ
*ちゃんやま


紹介文只今編集途中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。